1. HOME
  2. 健康
  3. ダイエットで注目するのは体重よりも体型!体型改善のカギは筋肉にあった
健康

ダイエットで注目するのは体重よりも体型!体型改善のカギは筋肉にあった

健康

体重計に表示される数値上は太っていないはずなのに、お腹周りがどうにも引き締まらない!
ダイエットで体重が減ってもスタイルが良くなった気がしない!
こんなお悩みをお持ちの方に注目してほしいのは、「体重」ではなく「体型」です。
引き締まった体型のために心がけてほしいポイントをお伝えします。

体型は食事だけで作られるのではない

ダイエットをするうえで、たくさん食べると太るというのは当たり前のこと。
しかし、食べなければやせるのかというと、実はちょっと違うのです。
確かに摂取エネルギー(カロリー)が消費エネルギーを下回れば体重は減りますが、体型まですっきりとするかというと、必ずしもそうとは言い切れません。
ダイエットのために過度の食事制限や偏った食生活を続けていると、身体にとって最低限必要なエネルギーを満たすことができず、エネルギー不足な体になってしまいます。
しかし、日常生活を送るうえでエネルギーは必要。
食事からエネルギーを補えない場合、私たちの身体は、自分の身体の一部をエネルギー産生に利用します。
このときに使われてしまうのがなんと筋肉です。
つまりエネルギーを生み出すために、筋肉を分解してしまうということです。
また、エネルギー不足状態にある身体は、食事からわずかに取り入れられる貴重なエネルギーを十分に体内に取り入れようとするため、食事量は多くはないにもかかわらず太りやすい体質になってしまいます。
食事制限によって体重が減っても体型が変わらない場合、筋肉が減少しているだけという可能性も考えられます。

筋肉が体型管理のポイント

体型管理をする中で大きなポイントになるのが、筋肉です。
筋肉つけると代謝が上がる!という言葉はよく耳にするかと思います。
ここでいう代謝というのは「基礎代謝」のこと。基礎代謝エネルギーとは、呼吸や体温の維持、内臓のはたらきなどで使われる、いわば生きているだけで消費されるエネルギーです。筋肉は全身の中で最も代謝量が多い組織のため、筋肉が多いとその分基礎代謝が上がる、ということになり、太りにくい身体を作ることができます。
また、身体もきゅっと引き締まり、スマートな体型を維持することができます。
食べ物からのエネルギー不足のために筋肉を分解してエネルギーを作り出す身体では、筋肉量が減り、基礎代謝が下がることでますます太りやすい身体になってしまいます。
女性の方は、筋肉をつけると太く見えてしまうのでは、と考えられるかもしれません。
しかし、女性は筋肉を肥大させるためのホルモンが少ないため、アスリート並みのトレーニングを行わない限り筋肉で太って見えるようになることはほとんどありません。

筋肉つけるためには

では、やみくもにトレーニングをすればいいのかと言うと、そうではありません。
筋肉をつけるための材料として大切になるのが、食事から摂取するたんぱく質。
いくら運動をしてもたんぱく質が不足していれば、筋肉をつけることはできません。
たんぱく質は、肉・魚・卵・大豆製品に多く含まれています。これらのおかずを、毎食ごとに1皿、片手ひと盛りぶんは必ず取り入れましょう。
筋肉は脂肪よりも重いため、運動によって脂肪が減り、筋肉が増えると体重自体は増えるため、運動の成果が出ているのかわかりにくく感じてしまいます。
そんなときは体重の変化を見るのではなく、体型の変化に注目しましょう。

筋肉は加齢によって自然と減少してしまうもの。
年齢とともに代謝が下がり、太りやすくなるのはこのためです。
しかし、歳を重ねてからでも筋肉をつけることで身体を引き締めることができます。
やみくもに食事を制限するのではなく、運動と食事を組み合わせたダイエットにより、太りにくく引き締まった身体を目指しましょう。

具体的な運動方法についての記事はこちら