1. HOME
  2. 健康
  3. ずっと元気な状態で長生きするには~健康寿命と肥満の関係~
健康

ずっと元気な状態で長生きするには~健康寿命と肥満の関係~

健康

健康寿命って?

「寿命」には平均寿命と健康寿命の2種類があることをご存知ですか?
健康寿命は、介護を受けたり寝たきりにならず、自律した日常生活を送れる期間を示しています。
日本の健康寿命は平均寿命より8~12年程度短いといわれています。

                【平均寿命と健康寿命の推移】(※1)
23.1

平均寿命と健康寿命に約8~12年の差があるということは、8~12年は介護を受けたり、寝たきりになってしまう期間が存在するということになります。
長寿国に生まれたからには、できるだけ長く元気に過ごしたいですよね。
厚生労働省では、平均寿命と健康寿命を縮めるためにさまざまな取り組みを進めています。

健康寿命と肥満の関係

健康寿命は、肥満と大きく関係があります。
日本では、「BMI25以上」が肥満と定められています。
肥満による病気のリスクはたくさんあります。
特に肥満は以下の11の疾患と関連しています。

①糖尿病・耐糖能異常
②肥満関連腎臓病
③高血圧
④心筋梗塞、狭心症(冠動脈疾患)
⑤脳梗塞
⑥痛風・高尿酸血症
⑦脂質異常症
⑧脂肪肝
⑨睡眠時無呼吸症候群
⑩整形外科的疾患
⑪月経異常・妊娠合併症

食生活が乱れる、あるいは運動不足が原因で肥満になってしまうと、上記のような病気にかかるリスクが高まり、
健康寿命が短くなってしまうおそれがあります。

BMIは低すぎず、高すぎずをこころがけて

米国のハーバード公衆衛生大学院と、英国のケンブリッジ大学が中心となった研究チームによると、
BMI 22.5~25の「標準体重」の場合が最も死亡リスクが低い(※2)といわれています。
BMIが25を超えると内臓脂肪が増え、糖尿病や循環器疾患のリスクが高まります。
また、BMIが18未満の「やせ」の場合でも、低栄養等のリスクが高くなり、健康寿命が短くなる可能性が高まります。

健康寿命を延ばすには、適正なBMIを目指すことが大切

まず自分のBMIがどれくらいなのかを把握しましょう。
◎BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMIが適正でない場合は、自分の標準体重を把握して、なるべく近づけるようにしましょう。
◎適正体重 =身長(m)× 身長(m)×22
まずは、主食・主菜・副菜をそろえ適切な食習慣を目指すことや、今よりも10分多く歩くなどの運動をすることを意識し適切なBMIを目指しましょう。

参考
※1 高齢化の状況(第2節2)第2節 高齢期の暮らしの動向(2)2 健康・福祉(内閣府ホームページ)
※2 The Global BMI Mortality Collaboration. Body-mass index and all-cause mortality: individual-participant-data meta-analysis of 239 prospective studies in four continents.
Lancet 2016;388:776-786