1. HOME
  2. 食事
  3. 実は軽食を食べた方が太りにくい!?~軽食のとり方~
食事

実は軽食を食べた方が太りにくい!?~軽食のとり方~

食事の間隔が空きすぎてしまうと、次の食事でたくさんの量を食べてしまうなんてことありませんか?
特に昼食から夕食の時間って、時間の間隔が空いてしまうことが多いですよね。
実は、食事の間隔が空いてしまうことはあまり良いことではありません。
まとめ食いをしてしまう可能性が高くなりますし、夕食をたくさん食べることによって朝ごはんが食べられないなど、
悪循環に陥ってしまうリスクも高くなります。
そんなまとめ食いを防ぐために、大事なポイントとなるのが「軽食」です。

21時以降に夕食を食べる人は、残業前に軽食を!

残業が長引いてしまい、おやつ~夜ご飯の間隔も長くなりそうな場合は、
残業前のタイミング(18時頃)で主食となるおにぎりやサンドイッチを食べ、帰宅後は主菜、副菜を食べましょう!
主食、主菜、副菜は以下のような料理になります。
32.1
残業前のタイミングでは以下のようにおにぎりやサンドイッチを食べ、帰宅後に野菜スープなどを摂るようにしましょう。
32.2
帰宅後の食事は、消化を良くするために火を通した料理を食べることがおすすめです。(生野菜でなくスープなど)
職場でおにぎりなどを食べにくい場合は、大豆バーやゼリー飲料など、比較的取り入れやすいものでもOKです。
脂質は消化が悪いので、寝る前に油モノを食べることで睡眠の質を下げてしまいます。
揚げ物はもちろん、もしドレッシング等を使う場合はノンオイルなどを選びましょう。
食べた後、寝るまでの間隔をできるだけ長くするため、帰宅後はお風呂などの前に食事を済ませましょう。

就業時間中の軽食の選び方

残業が特になく、夕食も早めに食べられそうだけどどうしてもお腹がすいてしまう……という場合は、
食後3∼4時間たったら、おやつとして軽く食べてしまうことがおすすめです。
軽食を選ぶ際のポイントとしては、以下の3点を意識して選びましょう。

①糖質よりもたんぱく質が多いモノ
②無塩、無糖等が示されているモノ
③100~200kcalのモノ

コンビニで買える!おすすめ軽食4選!

① 素焼きミックスナッツ
ビタミンB群、ミネラル類が非常に豊富です。
ビタミンやミネラルは脂肪や糖質の代謝を促す働きをしてくれているので、
間食で取れると非常にダイエットに効果があります。

② 大豆バー
原料である大豆はたんぱく質がたっぷり入っている上に、糖質は控えめです。
たんぱく質は筋肉や血を作る働きをしてくれます。
朝や昼にたんぱく源となる肉や魚をとれなかった方に特におすすめです。
ビタミンやミネラルも摂れるので、軽食にはもってこいです!

③ 飲むヨーグルト
飲むヨーグルトのカロリーは150kcal程度。
チーズやヨーグルトはたんぱく質、脂肪、カルシウムが豊富。
少量でも腹持ちがよく、おやつに最適です。

④ 茎わかめ
1袋の糖質はなんと0.3g!
カロリーも15kcal程度です。食物繊維も豊富で、便秘予防にもつながります。
ただ、塩分もある程度含まれているので、食べるのであれば1日1袋にしておきましょう。