1. HOME
  2. 食事
  3. その他(食事)
  4. リバウンドしないための2つのポイント!~リバウンドしないダイエット~
その他(食事)

リバウンドしないための2つのポイント!~リバウンドしないダイエット~

ダイエットの一番の強敵である「リバウンド」。
ダイエットはできるのであれば何回もやりたくないですよね。
リバウンドしないための2つのポイントを守り、実践してみましょう!

そもそもなぜリバウンドするの?
①極端な制限をしすぎていた

ダイエットでよく聞くのが、「1食は抜く」「置き換えダイエットをする」ダイエット方法。
もちろん1食抜くことやスムージーだけに置きかえることで、普通の食事より摂取カロリーは減るため、一時的に体重が減ります。
ですが、やはりその食生活は一生続けられないことがほとんど。
痩せた後普通の食事に戻ると、やはり一気にリバウンドしてしまう可能性が高いです。

②運動を全くしていなかった

食事制限だけでももちろん体重は減りますが、運動をまったくしていないことで筋肉量が落ち、代謝量が落ちます。
ですので、少しの食事量の変化で体重が増加し、リバウンドしやすいということが考えられます。

リバウンドしないための方法

リバウンドしないためのダイエットをするときは、以下の2点を守りましょう!

①「一生続けられる方法かどうか」を自分に問いかける

上記のとおり、食事を食べない、昼や夜スムージーに置き換える方法ですとなかなか長くは続きません。
ダイエットの行動計画を立てるとき、「それは一生続けられる方法か?」と自分に問いかけてみてください。

②運動を組み合わせたダイエットを実践する

運動を組み合わせてダイエットを行うことで、筋肉も付き体型を維持することができますし、
何か避けられない飲み会などで暴飲暴食をしてもそのあとの調節がしやすいです。
東京慈恵会医科大学、大野誠の著書には『軽度肥満の男性を一か月間、減食のみで減量した群と減食に運動を併用した群に分けて減量経過を観察したところ、
両群とも同程度の体重減少に成功しました。しかし、運動併用群では、LBMの減り方が少なく体脂肪が効果的に減少していることが明らかになりました』(※1)
とあります。つまり、食事と運動を併用したダイエットを行うと、LMB(除脂肪体重=体脂肪を除いた筋肉や骨、内臓を含めた身体の重さ)を減らさず、
健康的にに痩せられたという結果を示しています。代謝をキープしたまま減量するには、やはり運動と食事をあわせていただくことがおすすめです。
取り組んでいただきたい運動の種類として、腹囲が男性85㎝以上、女性90㎝以上ですと内臓脂肪が多いと考えられるので、
脂肪燃焼効果がある有酸素運動から行うことがおすすめです。
体型を変えたいことが目的なのであれば、引き締め効果のある筋トレをダイエットメニューに組み込むと良いでしょう。

参考
※1 「図解 太りすぎは生活習慣チェックで治る」大野誠先生(東京慈恵会医科大学)