1. HOME
  2. 運動
  3. その他(運動)
  4. いつ運動するといいの?おすすめの運動の時間帯
その他(運動)

いつ運動するといいの?おすすめの運動の時間帯

いざ運動をしようと思い立ったものの、「いつするといいの?」「朝がいいの?夜のほうがいいの?」などと迷ったことはありませんか?
そこで、ここでは運動をするのにおすすめの時間帯とその時間帯に取り組む時の注意点をお伝えします!

朝に運動を行うことで、夜寝ていてリラックスしている時に優位となる副交感神経から日中の活動している時に優位となる交感神経に上手く切り替えることができます。
そして、1日を通して高い代謝を保ったまま過ごせるようになります。
しかし、起床直後は絶食時間が長いことから血糖値が低く、また、就寝中に汗や呼吸で多くの水分が失われている状態であるため、めまいを起こして倒れてしまうおそれがあります。
その他、身体が硬い状態であることからケガをしやすいという危険性もあります。
朝に運動を行う場合は、水分補給と消化・吸収の良いエネルギー源となる食べ物(バナナやおにぎりなど)を少し口にしてから始めましょう。
また、ストレッチなどの準備運動を十分に行い、身体を温めることも忘れないようにしてください。

昼~夕方

生体リズムとして昼~夕方にかけて、肺活量や体温、筋力など体の機能が一番活発な時間帯であるため、運動に適している時間帯です。
昼食後に軽く身体を動かすことは、交感神経を活発にするため、眠気覚ましにもなります!また、夕方の運動は夜の寝つきをよくしてくれます。
それは入眠時の体温が高いほど、眠りが深くなるためです。
ただし、寝る前に運動をして体温が上がりすぎて交感神経が優位になるとかえって寝つきが悪くなるため、運動は寝る2~3時間前までにとどめましょう(※1)。

夜は身体を休ませるために副交感神経が優位となる時間帯であるため、激しい運動は控えることが望ましいです。
もし夜に運動をする場合は、早めに済ませるようにしましょう。
寝る前はストレッチなど筋肉をほぐして身体をリラックスさせる運動がおすすめです。

運動すべきでない時間帯

空腹時

空腹時はエネルギー源であるグリコーゲンが不足している状態であり、血糖値が低く、
めまいを起こしたり、注意力が低下して思わぬケガをしてしまう危険性があります。
運動をする前に軽く消化・吸収が良いエネルギー源となる食べ物(バナナやおにぎりなど)を食べるようにしましょう。

食直後

食直後の胃や腸などの消化器官に血液が多く使われている時に運動を行うと、
体内の血液が不足して心臓に負担がかかったり、お腹が痛くなります。
そのため、食直後(30分以内)は激しい運動は避け、ウォーキングや軽いストレッチがおすすめです。
運動は、自分の生活スタイルや取り組みたい運動の種類(激しい有酸素運動や負荷の少ないウォーキング等)に合わせて一番続けやすい時間帯を選ぶようにしましょう。

参考
※1 小山恵美著、頭・心・体が冴える、仕事リズムのつくり方(クロスメディア・パブリッシング・インプレスコミュニケーションズ )